コーヒーのコクとは?

コーヒーの画像 コーヒー

「コクがある」よく聞く言葉ではありますが、あまりイメージしやすい言葉ではない。

今回はコーヒーのコクについて深掘りしていく

そもそも「コク」って?

Wikiに聞く

甘味・うま味・苦味・塩味・酸味の五基本味に加え、近年新たに着目、定義された第六の味覚とされる。具体的には、食材に含まれるタンパク質が発酵や熟成、長時間の加熱(煮込む)などされる事で構成要素であるアミノ酸の鎖状結合がさらに細かいペプタイド(ペプチド)へと分解され、それらがメイラード反応(調理反応)を経ることで「こく味」を生み出す。濃厚感や後味の持続性をもたらすのが特徴で、さらに食材が持つ香りや食感などが加わることで複雑な味の広がりをもたらす。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)コク味 コクの定義』

私なりの理解で要約

長い文章ですので、私なりの理解で要約します。

  • 甘味・うま味・苦味・塩味・酸味とは別のもので「こく味」として考える。
  • 熟成や調理を経て化学物資の「こく味」が生まれる
  • 濃厚感、後味、香りや食感など「食材の味」を指す。

コーヒーに落とし込むと、焙煎された「香ばしさ」、や「舌に残るような豊かなコーヒー豆が持つ味」

  • 焙煎された香ばしさ
  • 口の中に広がる味わい、深み
  • 舌に残るような豊かなコーヒー豆が持つ味

一番、腑に落ちるのは、苦味や酸味とは別の「コーヒーのそのもの味」という理解である。

コクを感じるインスタントコーヒー

私が初めて「コク」を実感した体験について、おすすめのインスタントコーヒーと共に紹介していますので、こちらもぜひお読みいただければ幸いです。

インスタントコーヒーから得た発見

コメント

タイトルとURLをコピーしました